本は読むのではなく「聴く」時代到来!? →

専門卒30代で東証一部上場企業の内定を得た方法。秘策は事前準備

Sponsored Link

やばい、もう30だしそろそろどこの企業も雇ってくれないんじゃ?大卒じゃないけど、東証一部上場企業とか入れないかな?準備とか面接とかどうすればいいかな?

 

まだまだ事前準備次第で大丈夫だよ!

 

本記事の内容

・入社する企業の失敗しない探し方
・ポートフォリオ用のウェブサイト(ブログ)を立ち上げる
・スーツは体に合ったものを買い直す
・面接で圧倒的に差をつけるお辞儀のやり方
・第一志望の企業の面接を受ける前に、練習で別のところを受けましょう

 

 

30歳代になり「若者」と呼ばれるにはギリギリの年齢になって焦っていませんか?私はめちゃくちゃ焦っていました。

大卒でもないし、資格もないし・・・この先どうしようと毎日不安でした。

そんな学歴も資格もない私が、面接2社目で東証一部上場企業の内定を勝ち取った「事前準備」の内容や心構えを解説させていただきます。

Sponsored Link

入社する企業の失敗しない探し方

転職を思い立ったらまず最初にぶち当たる壁が「どこで会社を探そうか」だと思います。

結論から申し上げますが、求人サイトを自分で見たり、ハローワークに行って探すのはやめたほうがいいです。

この求人を探す方法で転職失敗し、ひどい状況になっている知り合いを何人も見ました。

 

求人サイトやハローワークで仕事を探すのはヤメたほうがいい

では何故、求人サイトやハローワークはダメなのかですが、すごく単純な話で

「求人を掲載するコストが安いから」です。

求人を掲載するコストが安いので、人材集めに使う資金の無い企業や、頻繁に人が退職してしまうブラック企業が多く混ざってきます。

「ハローワークの求人で内定し入社したら条件が全く違った」なんて話はしょっちゅう聞きますよね。

年齢も若くはなく、もうフラフラしてる時間はあまり無いと思いますので、この方法で求人を探すのは極力避けたほうが良いと思います。

 

エージェント経由の求人は高品質な場合が多い

じゃあどうするの?と言う話ですが、ズバリ

転職エージェントを活用しましょう。

「なんでエージェント?」「ハロワとかと一緒なんじゃ無いの?」と思う方もいると思いますが、転職エージェント経由で探す求人には圧倒的な違いがあります。

それは、紹介した人材が内定した場合、企業側はエージェントに大金を支払わなければならないからです。

正確には内定後数ヶ月勤務したのち、その人材に払う年収の何%を支払わなければならない契約のようです。

ですので、このエージェントを利用して求人を出している企業は「ある程度資金に余裕のある会社」と言うことになります。

実際エージェント経由で紹介される求人と、そうでない求人を見比べてみればわかりますが、条件はエージェント側の求人が圧倒的に良いです。

 

一応、私が利用したエージェントのリンクを貼っておきます。

キャリアスタート公式ホームページ

 

ポートフォリオ用のウェブサイト(ブログ)を立ち上げる

自分の過去の経歴や作品を載せるためのポートフォリオサイトを作成しました。

これには複数の狙いがあります。

 

  • キャリアシートにURLを掲載することで先に作品を見てもらえるので、他の応募者より一歩リードできる
  • 他の応募者が持ち込みのポートフォリオのみのところ、ウェブまで制作することで「デキる」人間をアピールできる
  • 自分のスキルにマッチしてない企業をあらかじめ除外できる

 

エージェントを使った応募ですとキャリアシートによる書類選考から始まりますが、その段階で作品を見てもらえるアドバンテージは非常に大きいと思っています。

ただ今までの経歴を記載しただけだとパッとしない人物でも、作り込んだウェブページを見てもらうだけでグッと印象良く引き立てることができます。

また、そもそも必要としてる人材で無い場合は書類の段階で落としてくますので、無駄な時間を省くことができます。

 

デザイナーやクリエイターの方はぜひポートフォリオサイトを作成してキャリアシートに記載してください。

レンタルしたサーバーはwpXレンタルサーバーで、ドメインはお名前ドットコムで取得しました。

 

スーツは体に合ったものを買い直す

せっかく面接まで漕ぎ着けたのに、スーツが体に合ってないと面接官に「だらしない印象」を与えてしまうかもしれません。

スーツをビシッと着こなし、体育会系オーラをバンバン出しながら「俺デキますよ」アピールしていきましょう。

無口で下を向いている人間より、ハキハキと上を向いて喋る人間が好まれます。

 

面接で圧倒的に差をつけるお辞儀のやり方

面接でお辞儀をする場面がありましたら、毎回必ず「90°」でやり過ぎくらい長くお辞儀してください。

一見大したことでは無いように思われますが、すごく大事です。

もう一度言います、すごく大事です!

 

もしあなたが面接官だとして、大声で「失礼します!!」といって入ってきた人が90°のお辞儀を他の応募者よりかなり長い時間やっていたらどのような印象を受けますか?

誠実で真面目な印象を受けるのでは無いでしょうか?

私は実際最終面接でやり過ぎくらい長いお辞儀をしたのですが、面接してくれた上司に聞いてみたところ、やはり印象に残っていたとのことでした。

 

また、これにはもう一つ利点がありまして、相手の意表をついたお辞儀を繰り出すことで、場の空気を若干自分ペースに持ってくことができます。

自信にも繋がって面接もうまくいくので、是非実践してみてください。

 

第一志望の企業の面接を受ける前に、練習で別のところを受けましょう

これが本当に重要だと思います。

30歳にもなると、最後に面接したのは10年前になるひとも多いかと思います。

頭でいくらデモンストレーションをしても、実際現場に行くと頭が真っ白になってしまうので、体をほぐす目的もかねて一箇所練習で面接を受けましょう。

一発目で第一志望の会社を受け、面接でボロボロになったら悔やんでも悔やみきれません。

 

まとめ

  • 転職エージェントを利用する
  • ポートフォリオ用のウェブサイトでアピールする
  • 体に合ったスーツで体育会系アピール
  • お辞儀は長い時間90°で意表を突く
  • 第一志望の企業の面接を受ける前に、練習で別のところを受ける

いかがでしたでしょうか。

私は以上の方法を実践して、専門卒で東証一部上場の内定を勝ち取ることができました。

とにかくまず行動することが非常に大事なので、面接を受けなくてもいいので転職エージェントには登録してください。そこから全て始まります。

キャリアスタート公式ホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました